ピルを服用することでホルモンバランスを整えることができるので避妊効果だけではなく、生理前の不安な気分やニキビの改善にも期待ができます。こちらではピルのメリットについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • ピルによる脱水と知恵袋とは

ピルによる脱水と知恵袋とは

ニコニコする女性

ピルは避妊効果があるだけでなく、生理痛の緩和や子宮内膜症の治療にも有効とされています。
しかし、その副作用で血栓症が起こることもあると言われており、服用の際には注意が必要です。
ピルを服用している人はかなり血栓が増えることが分かっており、頭にできた血栓や足にできた血栓が肺に詰まり、呼吸困難を起こして死亡するケースが多くなっています。
それほど確率が高いわけではありませんが、ピルを服用する場合は副作用についてもしっかり知っておくと良いでしょう。
40歳以上の人は血栓症を起こしやすいため、ピルの処方が行われていないことも多いです。
また、肥満や高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかっている人や喫煙の習慣がある人も注意しましょう。
さらに、お酒を多く飲む人も脱水によって血液の粘度が高く、血流が悪くなって血栓ができやすい状態です。
服用の際には健康であることが大切なのです。
ピルの副作用について知りたいという場合、知恵袋などを参考にすると良いでしょう。
ピルは飲んですぐに嘔吐するとその効果が無くなってしまうとされています。
服用から2時間以上経過していれば問題ないのですが、2時間以内に嘔吐してしまった場合は翌日分の錠剤または予備シートから追加で服用しましょう。
吐き気が長く治まらない場合、服用を一旦中止した方が良いかもしれません。
下痢の場合も気になるかもしれませんが、軽い軟便程度なら問題ないでしょう。
ピルの吸収を阻害する下痢というのは、脱水症状を伴うような下痢のことであり、心配な場合は病院を受診するのがおすすめです。
下痢の症状が治まってからピルの服用を再開するのが良く、再開から7日間は他の避妊方法と併用すると良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧