ピルを服用することでホルモンバランスを整えることができるので避妊効果だけではなく、生理前の不安な気分やニキビの改善にも期待ができます。こちらではピルのメリットについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • ピルの服用で身体に悪影響はある?

ピルの服用で身体に悪影響はある?

笑顔の女性

ピルは極めて高い避妊成功率を持つ薬であるために欧米諸国では広く活用されているものとなっているのですが、日本では今一つ普及していない部分があるのが現実です。
その普及していない原因としてはコンドームがあれば避妊は問題ないという先入観が広まっていることやピルそのものの知名度の低さと言ったものが原因となっているのですが、同時に言われるのが「ピルを飲むのは体に悪いのではないか」という不安です。
確かに薬にはさまざまなものがあり、中には適切に管理しなくては命を奪うようなものもあります。
もしそうした薬を飲むのであれば、心配することは当然です。
ただしかしながら、ピル自体に大きな悪影響があるのかと言われるとそうではありません。
まずピルを服用するにあたって体に発生する悪影響として考えられるのは血栓症のリスク増加と妊娠初期症状の発生の二つです。
血栓症についてはピルに含まれる女性ホルモンが血液凝固作用を有しているのが原因で、妊娠初期症状については女性ホルモンのバランスの変化によって疑似的な妊娠状態が作られるというのが原因となっています。
尤も、疑似的な妊娠状態を作るというのは排卵を停止させて避妊をするために必要不可欠なことであるのですが、どちらも服用する女性にとっては無視できないリスクであると言えるでしょう。
しかし血栓症については喫煙などの他の血栓症リスクになる行為を行っていない限りほとんど問題になることはありませんし、妊娠初期症状についても個人差があり、ほとんどそういった症状があらわれない人もいます。
要するにしっかり飲めば望まない妊娠を防ぐことが出来るというメリットがこれらの悪影響、デメリットを上回るかどうかが重要なことなのです。
仮に妊娠してしまったとしても問題ないという状況であれば飲む必要はありませんが、妊娠をすると中絶をしなくてはならないなどのことであればピルの利用は積極的に検討するべきです。

サイト内検索
人気記事一覧